トレーナーコーストレーニング・ASハリマアルビオン見学実習報告

こんにちは、理学療法学科トレーナーコース教員の髙橋です。

理学療法学科トレーナーコースは4月から新1年生を迎えて元気にスタートをしています。

これまでは治療室などを使用しての実技で、2年生が1年生の指導の補助に入ってくれて様々なストレッチやトレーニングを行ってきました。そして5月も後半に入り、今日から新1年生のトレーニングルームでのフリーウェイトでのトレーニング開始に伴い、これも担当教員だけでなく2年生がサポートしてくれて1年生にトレーニングのBIG3と呼ばれる・スクワット・ベンチプレス・デッドリフトの姿勢の指導がありました。緊張しながらも出来るだけ分かりやすく1年生に注意点などを指導してくれている2年生を見ていると成長がうかがえて頼もしかったです。
トレーナーコーストレーニング①


 また、同じく4月から順次開始しています、なでしこリーグ1部所属の姫路の女子サッカーチームASハリマアルビオン見学実習に2年生のトレーナーコースの学生7名と参加希望をしてきた3年生2名が参加しました。
練習前にトレーナーが行うテーピングやコンディショニングの見学、株)サンメディカル社の西林さんによる選手の治療に使用しています物理療法機器「エレサス」の説明や実際に学生の身体を使ってのデモを行って頂きました。また兵庫大学の管理スポーツ栄養士の平群先生からは選手の栄養管理、体調管理などの説明をして頂きました。
アルビオン見学実習物理療法
栄養士の説明


練習中にランニングをする選手に一緒に走らせてもらった学生3名は最初は元気よかったのですが途中から選手に付いていけなくなり3名ともきっちり途中脱落していきました。(笑)

参加した学生たちは普段なかなか見れないスポーツ現場での様々なメディカルスタッフの活動を見せて頂き、役割の重要性を感じ、いい刺激になったようです。
またこれからもトレーナーコースの様子を随時報告していきます。よろしくお願いいたします。